HSKで役立つおすすめの単語帳・アプリ【学習者必見】

HSK(汉语水平考试)はコミュニケーション能力に特化した試験として知られています。世界中で実施されている国際的な中国語資格であり、中国政府が公認し、日本でも最も受験者の多い試験です。

HSKは1~6級まであり、数字が上がるほど上級になります。

試験は、①リスニング(听力)、②読解(阅读)、③作文(书写)の3つのセクションで構成されており、総得点の6割が合格ラインとなります。

この試験を構成する3つのセクション(リスニング、読解、作文)対策の最も重要な基盤になるのは単語力、単語力が高いと、リスニングや読解、作文でもフレーズやセンテンスの理解力が高まります。

よりたくさんの単語を知っておくことはHSK合格のための重要なポイントになります。

目次

HSK各級で必要な語録量

1級:150語

2級:300語

3級:600語

4級:1200語

5級:2500語

6級:5000語

1~6級で使用されるは語彙量は全部で5000語となります。

現在は、日本でもビジネスや旅行、趣味などさまざまな理由から、中国語への関心が高まっており、中国語を学習する人が増えてきています。書店やネットでも豊富な種類の中国語テキストや単語帳が販売されるようになりました。ここでは各級HSK対策におススメの単語帳について紹介していきます。

音楽を聴きながら楽しく単語をおぼえられる単語帳

HSKや中国語検定対策におススメの単語帳は「キクタン」シリーズ。

現在は、英語、中国語、韓国語など幅広い多言語学習用の単語帳が出版されています。

中国語では、入門編、初級編、初中級編、中級編、上級編、慣用句編などレベルに合わせた単語を収録、またそれぞれ付属のCDに合わせて単語を聞く「チャンツ」という学習法が紹介されています。この「チャンツ」ではネイティブスピーカーの発音を聞くことができ、中国風の音楽を聴きながら、楽しく単語を記憶に定着させられる、という特徴があります。キクタンは各書店やインターネットでも購入することが可能。昨年からは、iPhone向けにキクタンアプリも配信されています。

キクタン入門編

キクタン入門編

キクタン初級編

キクタン初級編

キクタン初中級編

キクタン初中級編

キクタン中級編

キクタン中級編

キクタン上級編

キクタン上級編

キクタン慣用句編

キクタン慣用句編

直近の試験で出題された単語もしっかりカバーできる単語帳

次におススメしたいのは、「新HSK必ず☆出る単スピードマスター」です。こちらは、2020年に新しく出版されたHSK対策の単語帳です。新HSK1級から5級まで各級に合わせた単語が収録されており、それぞれの単語には例文が2つずつ紹介されています。

中国政府が定める各級の語彙量のほか、直近の試験で出題された単語がしっかりとカバーされているのもうれしいポイント。また、5級の試験で難関とされる自由作文の対策語句50語とその解答例も紹介、HSKの単語対策としてはかなりおススメな1冊です。販売価格が1,000~1,600円と、ほかの単語帳に比べてリーズナブルなのも魅力的ですね。

新HSK1級 必ず☆でる単スピードマスター

新HSK1級 必ず☆でる単スピードマスター

新HSK2級 必ず☆でる単スピードマスター

新HSK2級 必ず☆でる単スピードマスター

新HSK3級 必ず☆でる単スピードマスター

新HSK3級 必ず☆でる単スピードマスター

新HSK4級 必ず☆でる単スピードマスター

新HSK4級 必ず☆でる単スピードマスター

新HSK5級 必ず☆でる単スピードマスター

新HSK5級 必ず☆でる単スピードマスター

HSK対策にはもちろん、初級中国語の基本語辞典としても活用できる単語帳

「品詞別・例文で覚えるHSK基本語彙」は1~4級対象のものと、5~6級対象の2冊にわかれています。1~4級は、「音声ダウンロードHSK基本語彙1~4級」で2020年に新しくリニューアル。従来はCDが付属していましたが、音声ダウンロード版に改訂されました。新HSK1~4級に必要な1200語(1級150語、2級150語、3級300語、4級600語)を各級にわけて品詞別で解説。すべての単語に例文(ピンイン付き)も紹介されています。HSK対策にはもちろん、初級中国語の基本語辞典としても使えて便利です。

5~6級の、「HSK基本語彙5級~6級」は、新HSK5~6級に必要な3800語(5級1300語、6級2500語)を各級にわけて品詞別で解説。すべての単語に例文(ピンイン付き)も紹介されています。HSK対策にはもちろん、中級中国語の基本語辞典としても使えて便利です。

品詞別・例文で覚えるHSK基本語彙1~4級

品詞別・例文で覚えるHSK基本語彙5~6級

HSK試験対策トレーニングブックと組み合わせることで効率よく単語をおぼえられる

「合格奪取!新HSK1~6級単語トレーニング」はHSK日本実施委員会公認の単語帳で、HSK1~4級、HSK5級、HSK6級の3部にわかれて出版されています。各級のHSK試験に必要な語量に加え、練習問題が充実。音声ダウンロード付きでネイティブの発音を聞くこともでき、自然に無理なく単語をおぼえることができる内容になっています。書店はもちろん、多くのネットショップで販売されているので、購入しやすいのもうれしいポイントですね。この新HSK1~6級のシリーズは試験対策のトレーニングブックも販売されているので、単語帳と組み合わせることでさらに効率よく試験対策ができます。

最近は上記のような書籍の単語帳のほか、単語帳アプリも充実しています。スマートフォンさえあれば、電車の待ち時間など、ちょっとした空き時間を見つけて気軽に単語の学習ができるのもメリットのひとつ。課金制のものもありますが、音声も聞くことができるので読解だけでなく、リスニングやスピーキング(口語)対策にも役立ちます。書籍の単語帳と組み合わせることでより効率よく単語を覚えることができるのも魅力的なポイントです。

合格奪取!新HSK1~4級単語トレーニング

合格奪取!新HSK5級単語トレーニング

HSK合格奪取!新HSK6級単語トレーニング

次は、対策におススメの単語帳アプリについてご紹介します。

HSK対策におすすめのアプリ

①Lingodeer

HSK1~4級対策におススメなのがLingodeerアプリ。

Lingodeerは、文法の丁寧な解説が魅力的なアプリです。クイズ式の練習問題や並べ替え、リスニング、またストーリーやスピーキングといった多様な角度から中国語をゲーム感覚で楽しく学習できる内容になっています。

総合的に学べるアプリであるとともに、単語分野も充実。隙間時間でしっかりと単語を身に付けることができます。

Lingodeerアプリはこちらから

②HelloChinese-中国語を学ぼう

中国語を基礎から楽しく学べる学習アプリ。こちらもHSK1~4級の単語を含めた試験対策に対応した内容で単語も豊富に収録されています。そのほか、動画でネイティブの音声を聞いてリスニング対策ができたり、ゲーム感覚で楽しめるコンテンツがたくさん入っています。

HelloChineseアプリはこちらから

③中国語単語/語彙の無料学習【Androidのみ】

こちらは100無料の単語学習アプリ。課金を気にせず学習できるのは嬉しいですね。アプリには10000語以上の単語やフレーズが収録され、中国語をはじめたばかりの方やお子様など初級から、ビジネス中国語などの上級者まで幅広い学習者におススメです。1日わずか10分でしっかりとした語彙力を身に付けることができ、また、リスニング専用モードを利用して、運転やランニング、家事などをしながら学習することも可能です。オフラインで利用できるのでインターネット接続の必要がなく、気軽に利用できるのもうれしいポイントです。

中国語単語/語彙の無料学習アプリはこちらから

まとめ

ここで紹介した単語帳書籍、アプリはほんのごく一部で、現在はたくさんのツールから自分に合ったものを選んで学習することができます。

アプリに関しては、HSK公認のものなどたくさん配信されていますが、ユーザーからバグや翻訳のミスなどの問題も指摘されているものがあったり、1~4級対策は充実していても、5~6級といった上級者向けの単語帳やテキストがまだまだ少ないなど、今後の課題は多いですが、いつでもどこでも隙間時間を見つけて単語学習ができるのはメリットも大きいですね。

自分に合った単語帳を見つけることが効率よく単語をおぼえる近道です。みなさんのHSK合格をお祈りしています!

執筆者

中国語学習に関する記事を作成、編集をしています。

コメント

コメントする

目次
閉じる