中国語検定の各級に必要なレベル・学習時間とは!受験がおすすめな人も解説

「中国語検定を受けてみたいけど、どの級から受けたらいいのかな?」という疑問に答える記事になっています。

中国語検定と聞けば、中国語の能力をはかる試験だとイメージできると思います。ただし、具体的にどのような試験で、各レベルに求められている能力がどれほどのものか想像できる方は少ないのではないでしょうか。

そこで本記事では、中国語検定の概要や中国語検定の受験をおすすめする人を紹介します。また各級の合格に必要な単語量や学習時間の目安、各級に求められる実力なども一緒に確認していきましょう。

目次

中国語検定とは

中国語検定とは、一般財団法人日本中国語検定協会が主催・運営している中国語の運用能力をはかる試験です。

試験の対象者は、母国語を日本語とする人です。試験は3、6、11月の第4日曜日に開催され、合わせて年3回試験が行われます。

レベルと各レベルの受験料は次のようになっています。

レベル料金
準4級3,000円
4級4,000円
3級5,000円
2級7,000円
準1級8,500円
1級9,500円

1級が最上級となっています。試験は、全国的に行われていますが、実施していない都道府県もあるので、あなたの地域で行われているかどうか確認してみてください。

中国語検定の特徴

繰り返しになりますが、中国語検定は日本語を母国語とする日本人向けの中国語能力試験です。そのため、中国語を正しく理解し、実戦で使える能力をはかるのはさることながら、中国語と日本語を相互に訳していく試験でもあります。

国内での知名度が高く、日本での中国語能力の証明としても使えるので、日本で活躍する中国語人材であることを証明する役割も果たしています。

中国語検定とHSKの違い

一方のHSKは、中国政府が公認し、中国政府教育部の直轄機関によって主催・運営されている中国語の試験です。受験対象者は、中国語を母国語としない全ての人です。今や世界112の国や地域で、実施されています。また「中国の大学への留学」や「グローバル企業への就職」、「中国での就労」に十分な中国語能力があるかを示す役割も担っていますよ。

以上のように、中国語検定とは主催組織から試験の目的、試験の活用方法が大きく異なります。HSKと中国語検定の区別があいまいになっている人もいるので、ここではっきりさせておきましょう。

中国語検定の試験内容

試験は、リスニングとリーディング、ライティングの3項目で、マーク式と記述の両方があります。ただし、準1級から二次試験としてスピーキングが追加されますよ。

問題は文法問題、読解問題、日本語から中国語への作文、会話や説明の聞き取りなどとなっています。初級レベルでは、発音の仕方や基礎的な単語の穴埋めが 主です。レベルが上がるにつれて、文章読解や作文問題の長文化が進み、より実践的な内容になるでしょう。ちなみに、各級の試験時間は、次のようになっています。

レベル時間
準4級60分
4級100分
3級100分
2級120分
準1級120分
1級120分

各級の語彙数、学習時間の目安

ここでは、中国語検定の各級の必要語彙数と学習時間の目安を紹介します。

各級ごとに、想定されている目安があります。あくまでも目安ですが、参考になると思うのであなたの学習ペースに落とし込んでみてくださいね。

準4級から、順番にみていきましょう。

準4級

準4級に必要な語彙数は、約500単語です。単語は発音や意味、使い方も合わせて覚えるようにしましょう。500単語に加えて、日常的な表現や単文も覚える必要があります。

学習時間は60〜120時間ほどで、大学・高校で中国語の授業を履修していとしたら、1年目の前半が終了した程度の学習量となるでしょう。毎日2時間の勉強で2ヶ月ほどで、合格する見込みです。

4級

4級で必要な単語数の目安は、常用語500〜1,000語ほどになります。単文の日本語訳や、中国語表現を瞬時に引き出せるようになるのが理想でしょう。

学習時間は、120〜200時間ほどです。大学の第二外国語として授業を履修している場合は、1年目の授業が全て完了した程度でしょう。基本的な文法項目や単語は、ほぼおさえているといったレベル感です。毎日3時間ほどの学習を続ければ、2ヶ月程度で合格できる可能性があります。

3級

求められる単語数は、1,000〜2,000単語ほどです。長文読解や少し長めの作文問題があるので、単語や表現の引き出しが多いほど有利になることは間違いありません。ただし、基礎的な内容になっているため、丁寧に学習を続ければ無理なく合格できるでしょう。

学習時間は、200〜300時間です。大学で中国語を履修しているなら、2年目の履修を終えたくらいのレベルです。文法はほぼ網羅的に理解しいて、自分で簡単な表現ができる必要があるでしょう。独学であれば、1日3時間の勉強を3ヶ月くらい続ければ、合格水準に達するはずです。

2級

合格に必要な単語数は、2,500語以上といったところでしょう。2級は中級と上級の橋渡しのような階級で、難易度が上がります。本格的な長文読解が課せられるのも2級からです。

学習時間は、250〜400時間程度。文法レベルや作文能力は、3級から大きな飛躍がなく、読解や聴解の実践的な練習が必要になります。暗記よりも実践が必要であるため、3級の学習に実践練習が加わった学習時間が目安です。

準1級

準1級から上級です。必要な単語は5,000語以上です。中国での一般的な社会生活を送れるくらいの中国語レベルが求められます。日常会話はもちろん、新聞や雑誌などの理解も必要です。

学習目安は、500時間以上です。初学から6ヶ月以内に合格できれば、かなり学習スピードが早いと言えるでしょう。

1級

1級は最上級で、なかなか合格できません。高度な読解・聴解力と、流暢な自己表現力が求められるでしょう。単語数は、5,000単語以上で、学習が進んでいてもわからない単語と出くわすこともあるはずです。つまり、推察力も試される試験となっています。

学習時間も人によりますが、1,000時間以上は必要になります。ただし、時間をかければ合格するというものでもなく、根気のいる学習になるはずです。

各級に求められる実力

では、各級に求められる実力を、リスニングと筆記に分けて紹介します。

ここでも準4級から、解説していきます。

準4級

準4級に必要なリスニングの実力は、声調と2音節の単語の聞き分けができる程度です。ピンインを理解し覚え、正確な発音がわかっていれば問題ありません。

筆記においても、ピンインと声調の理解・暗記が必要です。また基礎単語と文法を理解し、選択肢から選べるようになればいいでしょう。基本的には、中国語特有の簡体字に慣れていければ、合格水準に達するはずです。

4級

4級のリスニングに必要な実力は、短文を聞き取って、意味を理解する程度です。短文に使われている文法と単語は基礎的なものです。準4級以上に、正確なピンインと声調の理解、実践練習が必要になりますね。

筆記においてもピンインと声調の知識が問われるため、ピンインと声調はほぼ完璧に学習しておくのが無難です。長文問題もあり、基礎的な単語の正確な理解と、文章となっている中国語を読み解く基礎力が必要です。作文は、日本語の短文を中国語に直せるようになっておきましょう。

3級

リスニングは、まとまった意味のある文章を覚えられるくらいの実力が求められます。ピンインと声調ができるのを当たり前にし、文章を通常のスピードで理解できるようにしましょう。

筆記では、文法の網羅的な理解と正確性が求められます。3級で文法を完璧にしておくと、後の学習が楽になるはずです。ただ作文は4級と変わらず、日本語の短文を中国語に訳すため、文法の勉強の過程で実力が身につくでしょう。

2級

長くまとまった文章を聞いて理解し、わからないところは推察することが求められるでしょう。また最後まで集中力を維持する必要もあります。中級単語の暗記と文法の理解は欠かせません。

単語と文法については、筆記にも同じことが言えます。長文が増え、日本人にとって間違いやすい文法問題が出題されます。文法は、ほぼ完璧に理解して覚える必要があり、時間制限から早くて正確な文章理解力が試されるでしょう。

準1級

早いかつ長い複雑な文章を聞いて理解し、設問に答えなければなりません。文法をおさえていることは当然で、さらに応用的な表現、単語を理解しなければなりません。わからない表現や単語があっても、設問に答えられる推察力や実践経験が必要です。

複雑で長い構造をもつ長文問題と、作文問題があります。単語も日常的なもの以上のレベルで、意味や使い方を正確に覚えておく必要があります。重点事項を見つけたり、文脈から単語や表現の意味を推察したり、文章を理解するためのテクニックも身につけましょう。作文は与えられた日本語から適した単語や表現を選び、できるだけ簡潔で伝わりやすい中国語する力が必要です。

1級

1級のリスニングでは、ビジネスレベル以上で難解な文章でも瞬時に理解し、意味に迷っても前後の文脈や表現から憶測できる力が必要です。文章は長く、単語も知らない単語が出てくるのは当たり前になるでしょう。

筆記では、準1級以上に高い単語力が問われます。準1級に合格できているなら、基礎的な実践経験はすでに積んでいます。さらに単語量を増やし、実践経験を積んでいくだけです。

各級に合格するレベル感やできること

各級に合格するとあなたの中国語がどれくらいのレベルになっているのかを、見てみましょう。

自分の実力と照らし合わせたり、将来的な目標を決めるのに役立ててください。

準4級

準4級に受かれば、中国語学習を進めるための前提知識が備わったレベルになります。中国語学習の準備段階と言えますね。単純な挨拶やちょっとした自己表現を言えたり書けたり、読んで理解できるようになっているはずです。

準4級

4級に合格できれば、基礎レベルをマスターしたことになるでしょう。簡単な中国語を聞いて、読み、話すことができるようになっているはずです。簡単な会話なら、なんとかできるようになっています。表現を自分から使っていくことで、発音も徐々に流暢になりますよ。

3級

3級になれば、簡単な日常会話をすることができます。つまり自分の意思を伝え、相手の意図も聞き取れる程度です。簡単な文章の読み書きもスムーズになっているはずです。日本での就職の際に、履歴書に書けるレベルは3級からでしょう。

2級

2級に合格できれば、新聞や雑誌が読め、映画やドラマ、ニュースも理解できるようになります。学術書や専門書も、単語を調べながらなんとか読めるレベルでもあります。会話の訓練をつめば、中国人との日常会話や意思疎通もスムーズにできるでしょう。中国語の運用能力が格段に上がるのが、2級からですね。

準1級

ビジネスレベル以上の会話力や資料理解力、聞き取り能力が身についているでしょう。仕事における中国語のコミュニケーションで、困らなくなるのが準1級以上です。また通訳も行えて、中国語人材としての力を存分に発揮できるのではないでしょうか。

1級

高いレベルの中国語運用能力で、流暢で豊かな中国語での自己表現ができるようになるでしょう。またプロの中国語の翻訳家・通訳士としても活躍できます。ビジネスレベルを超えた複雑な中国語に対応できるのが、1級合格のレベルです。

中国語検定の受験がおすすめの人とは

それでは中国語検定は、どのような人に向いているのでしょうか?

中国語検定の受験が向いている人は、次のような人です。

  • 中国語能力を気軽に試したい方
  • 中国語の翻訳家を目指している方
  • 中国語能力を国内企業や教育機関へアピールしたい方
  • センター試験を中国語で受験したい方

中国語能力を気軽に試したい方

中国語の能力を気軽に試してみいたい方は、中国語検定を受けてみてはいかがでしょうか?主催組織が日本にあるため、運営や試験内容も、日本人向けにわかりやすく作られています。

例えば中国語検定は、問題文や説明文は日本語で記述されているのに対し、HSKは全て中国語になっています。いきなり中国語だらけの試験に抵抗感のある方は、中国語検定がなじみやすいのではないでしょうか。

中国語の翻訳家を目指している方

中国語検定は、日本語から中国語に「訳す力」、つまり「翻訳能力」が求められています。そのため将来的に、中国文献の翻訳家や通訳士になることを検討している方なら、中国語検定の受験がおすすめです。

例えばHSKは、ビジネスやアカデミックな場面での実用的な中国語能力が試される試験です。このように試験によって試験の目的が異なり、中国語検定は、日本人の訳す力に特化した試験と言えるので、翻訳家や通訳士を目指している方に向いているでしょう。

中国語能力を国内企業や教育機関へアピールしたい方

中国語検定は、国内企業や教育機関への中国語能力のアピールに活用できます。そのため、将来的に中国語のの能力を活かして、国内企業や教育機関で活躍したい方におすすめです。

世界的にはHSKが有名ですが、日本国内だけをみると中国語検定の知名度も負けていません。履歴書や面接でのアピールに使えることは、間違いありません。

センター試験を中国語で受験したい方

高校生以下の受験生向けの話になりますが、センター試験で中国語を活用したい方も中国語検定の受験がいいでしょう。なぜなら、どちらも日本人の受験者向けに中国語の能力をはかる試験だからです。問題は同じではありませんが、傾向や雰囲気は似ているところがあります。

ただし、今後の受験制度改正などでどのように変化するかはわかりません。現時点では、中国語検定の受験が、センター試験対策にもつながるでしょう。

まとめ

中国語検定の概要や、各級のレベルは把握できたでしょうか。

まずは気軽に、自分のレベルにあった級から受けてみてください。

中国語検定は、細かなレベル分けになっているので、目標を決めて自分のペースで少しずつレベルアップしやすくなっています。

本記事をきっかけに、中国語検定への挑戦をしていただければ幸いです。

執筆者

中国語学習に関する記事を作成、編集をしています。

コメント

コメントする

目次
閉じる