就職で有利?中国語検定を活かせる業界と必要なレベルとは

中国語検定

現代では、英語と並ぶ勢いで、ビジネスにおいて中国語の技能が有利となってきています。

中国語の技能を示すものとして代表的なのが、中国語検定です。

中国人観光客が増えていることによって、観光業において中国語スキルが求められているのはもちろん、その他のビジネスでも中国語検定は重要視され始めています。

中国は今や経済大国となり、ましてや日本と中国は地理において近隣国といえるため、影響を大きく受けるのです。

ビジネスの会話となると、英語と同様、語学としての難易度が増すため、たとえ中国語の日常会話ができたとしても、仕事としては成り立たない場合があります。

そうなると、翻訳や通訳が必要となりますが、なかなか人材を確保できないのが現実です。

そこで、高い中国語スキルを味方に、ビジネスにおいてステップアップを夢見てみませんか?

就職において中国語検定はきっと役立ちます。

中国語検定のメリット、活かせる業界や求められるレベルを詳しくみていきましょう。

中国語検定の資格を持っておくメリット

では、中国語検定の資格を持っていることについて、具体的にどんなメリットがあるのか、みていきましょう。

見た目の問題でメリットあり、第一印象に響いてくれる

中国語の試験というと、中国語検定の他にHSKと呼ばれる漢語水平考試験がありますが、履歴書などの書類の見た目として、中国語検定の方が分かりやすい印象を与える場合があります。

これから中国語のビジネスが増える、そんな企業では、まだ中国語に馴染みがないため、HSKを知らない場合があります。

面接などでも、「HSKとは何の資格ですか?」と尋ねられることもあるようです。

これに対し、履歴書などに「中国語検定」と記載していると、企業側が中国語にあまり馴染みがなくても、「あ、この人は中国語ができるのか。」と伝わりやすいというわけです。

中国語の平均的なスキルを維持できるのが中国語検定

中国語検定の問題構成は、リスニングに始まり、読解、作文です。

「聞く」、「読む」、「書く」を同時進行で学んでいき、スキルアップを目指していきます。

例えば、中国に留学をしていて、リスニングには強くなったが、難しい漢字が覚えきれていなかったり、自分で作文するのはまだ苦手だったりする状態で帰国する人も多いようです。

しかし、中国語検定受験のために勉強する時には、「聞く」、「読む」、「書く」をそれぞれ徐々に勉強していく必要があるので、常に平均的な中国語スキルを保つことができるというわけです。

ビジネスにおいて、「聞いて分かりますが、伝えることができません。」となると、スキルとして弱い場合があります。

レベルは少しでも、「聞いて分かって、読むことができて、伝えることができます。」となると、大きくプラスになる場合が多いのです。

例を挙げると、「会議室はどこですか?」と尋ねられて、聞いて分かっていても、自信で案内できなければ意味がありません。

単語でも、「あっち」と伝えることができれば解決したりします。

中国語検定の平均的なスキルは、少しのレベルから自身のモチベーションアップにつなげてくれるのです。

どんな就職で中国語検定が役立つのか

次に、中国語検定をより活かすことのできる業界は何か、みていきましょう。

結論からいうと、中国から持ち込むより、国内発信型がオススメです。

中国語検定は、中国語の正確な知識に加え、日本語の語彙力も求められる試験です。

問題文も中国語で示されるHSKと違い、日本語で尋ねられていることが何かということも重要になってきます。

そのため、中国に出張して働くというよりは、日本国内においてのビジネスにおいて、より大きな力となるはずです。

中国で働く予定はないからといって、中国語検定受験をあきらめていませんか?

受験は、近隣の大学などを試験会場として選択するので、気軽に挑戦することができます。

運転免許のような感覚で、履歴書のお供として中国語検定はとてもオススメです。

中国語をメインに仕事がしたいなら専門職

中国語を学んでいき、是非とも中国語を日常的に活用したいと思ったのなら、専門職がオススメです。

通訳として独立を目指すもよし、出版社で中国語書籍の翻訳をするもよし、中国語教室を開いて講師として中国語の楽しさを伝えるもよし、専門職とはいえ、語学においては選ぶ道の選択が比較的多いといえます。

ところで、中国語講師というと、中国人の本場の中国語を売りにした講義が多いですが、そこで素晴らしい日本人講師として脚光を浴びたなら、この上ない喜びとなりますね。

そういった具合に、夢としての輝きを求め続ける人には専門職が良いのではないでしょうか。

中国語の他に捨てきれない好きなものがあるならサービス業

得意の中国語を思う存分活かすことができるのは、本当にやりがいがありますね。

しかし、人間ですから、中国語以外にも大好きなものが存在します。

例えば、ファッションが好きで、ファッションについても学んでいきたい、でもせっかくだから得意の中国語を活かしたい、そんな人も多いはずです。

このような場合、その「好きなこと」をフィールドとし、なおかつ中国語を活かすことのできる背景を選ぶと良いでしょう。

それが叶う業界は、サービス業に多いです。

主に、中国人観光客の来店が多い店舗や、中国人観光客が利用する交通などでしょうか。

分かりやすい例を挙げると、飛行機が好きだからキャビンアテンダントになりたくて、得意な中国語を味方に目指してみた、そんな流れです。

好きなモノが仕事になり、得意なことを活かすことができて、仕事に迷いの葛藤が出てこないのがまた良い点です。

仕事で使う人が持っておくべきレベル

最後に、中国語の必要なレベルについて、みていきましょう。

もちろん、業種によって求められる部門とレベルは変わってきます。

それに合わせることができると効率がいいですね。

リスニング編

リスニングは聞く力ですので、中国語で尋ねられる機会が多い業種の場合、重要になってきます。

代表的なのは、中国人のお客様が多いサービス業でしょうか。

「だいたい」で伝わる場合は3級

言い方は悪いですが、「だいたい」で案内が伝わる場合、3級のリスニング力で十分の場合が多いです。

先ほど、中国語で尋ねられて、それに応えて伝えられないと意味がないとありましたが、サービス業においては、必ずしも文章で発言しなくても伝わる場合が多いです。

単語だけで発言したり、発音が分からなくても漢字を書いたら通じたりする場合があります。

となると、簡単な日常会話を聞き取ることのできる中国語検定3級のレベルがあると、それなりに力になるといえます。

「だいたい」では伝わらない場合は1級

もちろん、通訳などの専門職を目指す人は、頂点の1級を目指す必要があります。

自分ではない他人の話すことですから、「だいたい」だと適当ととらえられる可能性があるためです。

サービス業でも、より向上心を上げて頑張りたい人は、2級、1級とレベルアップしていきたいですね。

筆記編

筆記については、リスニングで出てきた3級では、物足りないレベルといえるでしょう。

サービス業では十分3級でもプラスになる

しかしながら、サービス業では、あまり「書く」という仕事は出てきません。

中国人観光客が多い土地での勤務なら、中国語で表記された案内状なんていう便利なものがすでにあったりするため、サービス業では3級のレベルで十分活かすことができます。

翻訳では2級が最低ライン

これに対し、翻訳などを目指す人にとってはかなり不十分です。

翻訳のように自分で表現したり、中国語講師のように自分で伝えたりする必要がある場合には、3級より上を目指さなくてはいけません。

例えば、翻訳なら最低2級レベルとされていることが多いです。

自身の目指す方向に合わせて、最低限の中国語レベルを確立していきましょう。

まとめ

就職を背景に、中国語検定の力をみてきました。

大きく自分の味方になり、将来の夢として役立つということです。

英語だと、話せる人は今や珍しくありませんが、中国語はまだまだ驚かれることも多いです。

全く中国語は必要のない企業でも、「中国語スキルを形に残してきた」ということだけで、真剣に仕事に取り組んでくれそうだな、と感じてくれることもあります。

中国語検定スキルを味方に、就職において輝いてみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました