中国語検定4級のレベルとは!3ヶ月で合格するための戦略

中国語に自信のある人は「スキルを証明したい」と思い、中国語検定の受験を考える人もいるでしょう。中国語検定はレベルに合わせて検定の難易度に違いがあるため、自分に合ったレベルの検定受講をする必要があります。

もし、中国語を少し勉強している程度であれば中国語検定4級を受講することがおすすめです。

ただ、「中国語検定4級に必要な実力とは?」「合格するための秘訣とは?」と中国語検定4級への対策を知りたい人もいるでしょう。

内容を紹介していきます。

目次

4級合格に必要な実力とは

中国語検定4級を受験するときに「どれくらいの実力があれば合格ができるの?」と疑問を感じることもあるでしょう。」中国語検定4級に必要な実力は以下のようになっています。

初心者レベル

中国語検定4級は初心者レベルの難易度になっています。中国語検定4級で出題される問題は難しくはなく、多少中国語を勉強している人であれば問題集を1周しただけで合格を得ることができるレベルです。

基礎の基本を理解していれば4級の問題はスラスラと解いていくことが可能なので、中国語を全く勉強していない人でも、NHKの中国語講座を軽く学んで問題集を解くことができれば合格できます。

そのため、中国語検定4級は初心者でも十分合格することのできる難易度になっています。

出題される問題とは

中国語検定4級で出題される問題はリスニング試験と筆記試験になります。それぞれの問題はどのようになっているのか紹介しましょう。

リスニング試験

リスニングの場合、音声を聞いて答えを書く必要があるので、少し中国語を聞き取れるリスニング力が必要です。

ただ、リスニングの内容は難しくなく、簡単な会話形式なので少し中国語を聞いている人であれば理解することができます。

出題されるリスニング

这儿可以抽烟吗?(ここでタバコを吸っても良いですか?)
可以(いいですよ)
我不抽烟(わたしはタバコを吸いません)
你抽烟吗?(あなたはタバコを吸いますか?)

正解は
可以(良いですよ)

という問題です。

このような短文によるリスニング問題が繰り返して出題されるので、中国語の基本を押さえている人であれば、問題を理解して解くことが可能です。

リスニング試験の問題は会話表現問題と内容理解問題によって、10問ずつ出題されることになります。100点満点の中で合格基準は60点となっています。

それぞれ6問ずつ正解すれば合格なので、勉強すれば合格できます。

筆記試験

中国検定4級の筆記試験の場合は項目ごとに分かれており

  • 声調当て5問10点
  • ピンイン当て5問10点
  • 穴埋め10問20点
  • 並び替え10問20点
  • 長文読解6問20点
  • 中作文5問20点

となっています。中作文以外は4択マークシート方式で解答用紙のマークを塗りつぶしていき、中作文の場合は解答用紙に中国語で直接答えを記入します。

問題の例

声調の組み合わせが異なるものを1〜4から1つ選び番号で答えなさい

  1. 美国
  2. 手机
  3. 老师
  4. 北京

正解は美国という感じです。

出題される問題は2文字など組み合わせ問題も簡単なので、中国語の基礎を知っている人であれば、誰でも解くことができます。

中国語検定4級は筆記試験も難しくはありません。

4級に合格するためにおすすめの勉強法

中国語検定4級に合格するためには多少勉強する必要があります。どのように勉強することで中国語検定4級を合格しやすくなるのか知りたいでしょう。中国語検定4級の勉強方は以下の通りです。

CDで中国語を聞く

中国語検定4級に合格するためにはリスニング問題への対策を行うことが必要です。リスニングは少し中国語の発音や声調などを耳で慣らしておくことが大事になるので、中国語のリスニングを聞いて音に慣れておくことが大事です。

中国語のリスニングの勉強法は、中国語の参考書などにあるリスニングCDを聞くことができます。中国語検定のCDはゆっくりとした正確な発音で中国語を話してくれるので、中国語を聞いたことのない初心者の方は聞き取りやすいです。

また、リスニングCDの問題から中国語検定4級の問題が出題されることもあるので、同じ問題がそっくりそのまま出題されて答えやすくなることも期待できます。

中国語のリスニング問題の参考書はいろいろありますが、中国語検定4級の合格のためには「合格奪取!中国語検定4級トレーニングブック改訂版」がおすすめです。この中にはリスニング問題に関して1問1答しており、解説も備えられています。そのため、リスニング問題に関してポイントを把握することができるので、この教材で学習して備えることができるでしょう。

中国語の文を書く

中国語の文を書くことも大事な勉強法です。中国語検定4級では中作文を書く問題があるので、中国語を多少書くことが必要です。ただ、中国語を書くのは短文で問題ありません。

中国語検定の中作文は長分はなく短文が多いので、基本的な会話に使用する短文を書けるようにしておくのが良いでしょう。

短文としては例えば、
我去过上海
我想吃饭
などの文を書けるようにしておくといいです。

中国語は日本語と似ている漢字も多くありますが、日本語とは違う漢字もあります。そのため、中国語としてしっかり漢字を書くことができるように覚える必要があるでしょう。

中国語の文を書くのに適した参考書は「中国語検定に一発合格する方法」から勉強することができます。この問題に載せられている短文は試験に出されたことのある問題もあります。そのため、問題文をを暗記するだけで試験に対して自信を持って臨むことができるでしょう。

例えば、我吃过三次越南菜(私はベトナム料理を3回食べたことがある)

問題文を暗記できるように繰り返し書くことや読むことを行いましょう。

ピンインや声調を覚える

中国語検定4級では声調やピンインなども問題として出題されます。そのため、中国語の単語の声調やピンインを覚えるように勉強する必要もあります。

ただ、覚える単語は簡単な単語で大丈夫であり、よく目にする単語を重点的に覚えていくので問題ありません。

例えば、

我吃饭

晚上好

といった単語です

単語とピンインは「中国語検定に一発合格する方法」を使用して単語とピンインを勉強することができます。

この本には発音や声調が紛らわしい単語を識別する練習問題や多音字に関する問題、ピンイン表記に関する問題が載せられています。それぞれのピンイン問題に関して自分が間違えやすい単語は何度も読み返してピンインと単語が合うように勉強すること、また声に出して発音することで対策を行うのもいいです。完璧に覚えて試験に臨めるようにしましょう。

3ヶ月で4級に合格するための戦略

中国語検定4級に合格するためには勉強の戦略を練っておくことが大事です。初心者でも合格できるレベルですが、3ヶ月で4級に合格するための戦略を知っておくことで合格率は高くなります。

戦略は以下のように行うことができます。

1週間4時間ほどで勉強する

中国語検定の勉強は1週間7時間の勉強時間を確保して勉強する計画を立てるべきです。1週間に4時間なので2日で1時間ほどの勉強です。2日に1時間の勉強を3ヶ月行うことができればリスニング能力も向上し、単語の声調とピンインもかなりの数覚えることができます。

勉強時間の割合としては、リスニングを1時間、筆記を3時間の割合で勉強すれば中国語検定4級は余裕で合格できるレベルです。まずは勉強時間を確保できる計画を立ててみましょう。

やるべき勉強

やるべき勉強はリスニングと単語の声調とピンインを重点的に行うことです。リスニングは耳を慣らせる必要があり、単語は声調とピンインを同時に覚えるのに時間がかかるはずだからです。

長文などもありますが、4級なら漢字を見れば大体の意味を理解できることもあるので、単語を覚えていくことで4級に合格できる読解力は身につくと思います。

もし、しっかり勉強したいなら参考書に過去問が載ってあるので、過去問を毎日解いていくことで筆記試験の対策は十分行えるはずです。

まとめ

中国語検定4級は検定の中では難易度はあまり高くないので、勉強で基本を押さえておけば合格できます。

合格のために今から勉強の計画を立てるようにしましょう。

執筆者

中国語学習に関する記事を作成、編集をしています。

コメント

コメントする

目次
閉じる