北京語と広東語の違いとは?中国語の方言の概要についても解説

「中国語の方言が、複雑すぎて区別できない。特に日本でよく知られている北京語と広東語はどう違うの?」という悩みに応える記事になっています。中国語を勉強しはじめたころ、もしくはその前に、中国語には言語としての特徴が全く違う方言があることに気づく方も多いはず。

そのため「自分が勉強している中国語は、どこまでの人に通じるのか」、「もっといろいろな方言を勉強した方がいいのか」といった不安を抱く人も少なくありません。特に北京語と広東語の言語としての大きな違いは日本でも有名であるため、その違いに関心のある方もいるでしょう。

そこで本記事では、中国語の方言である北京語と広東語について解説し両者の違いを比べてみます。また記事の最後には、中国語の主な方言をまとめますね。

目次

北京語とは

北京語とは現在の北京を中心に使われている方言で、北方方言の1つと言われています。北京語は英語で「Mandarin」です。

中国の北方はとても広く、吉林省と遼寧省、黒竜工省の東北3省や南側の四川省、雲南省が含まれます。

そのなかで古くから政治の中枢であった、華北の北京で使われている北京語が北方の代表的な方言になったのです。

北京語と普通話は違う?

普通話とは、多くの日本人が一般的な中国語として認識している中国の標準語です。日本で見かける中国語のテキストや雑誌ではよく、「北京語は普通話のこと」と紹介されることがあります。しかし北京語と普通話は、厳密には違います。ではなぜ、同じ言葉として紹介されているのでしょうか?

その理由は普通話が、北京語の発音と北方方言の語彙をベースにして作られたからです。中国は広大で、多くの文化や言語が共存する多民族国家です。そのため普通話ができるまでは同じ国民なのに、方言の違いで互いに意思疎通できない状況でした。そこで政治の中枢であった北京の方言を中心に、国民全員が使える標準語として作られたが今の普通話になります。

あくまでも普通話は、北京語と北方方言をベースに作られただけなので北京語とは語彙や表現が異なっているのです。

ただしベースが同じであることから今後の解説では、わかりやすく北京語を普通話として解説することにご留意ください。

広東語とは

広東語は英語で「Cantonese」呼ばれていて、香港で使われている言葉として有名です。「ジャッキー・チェン」などの香港映画を観て、北京語よりもなじみのある方がいるのではないでしょうか。広東語は、香港の他にマカオや広東省でも使われています。

中国で広東語を使っている人口は、8千万人以上と言われています。他にもアメリカやマレーシア、シンガポール、ブルネイ、世界中各地のチャイナタウンには広東語を話す華系の人が多く住んでおり、広東語のネイティブスピーカーは世界に1億人以上いるようです。

北京語と広東語の違いとは

北京語(普通話)と広東語はそれぞれ、中国国内におけるひとつの方言ですが、言語として区別できるほどの違いがあります。たとえば日本でも人気となった「アナと雪の女王」の作中歌は、北京語と広東語で別々に翻訳されていました。

北京語は、中国の標準語なので広東語圏にいる多くの中国人は、北京語を理解し使えます。しかし、北京語圏の人は広東語を聞いてもほとんど理解できません。では両者には具体的に、どのような違いがあるのでしょうか?

ここでは、北京語と広東語の違いを次の項目から確認していきます。

  • 音節・声調
  • 発音

音節・声調

音節とは、わかりやすくいうと音の種類のことで、声調とは漢字や単語のアクセントのようなものです。

北京語の音節は、声母が21種類、韻母が39種類あり、声調は4種類となります。

一方の広東語は、声母が20種類で韻母が50種類となり、主な声調は9種類で、細くわけると13種類です。

北京語と広東語では、扱う音の種類が異なっているので、会話が成り立つはずがありませんね。

発音

発音は、厳密にいうと上記で紹介した「音節・声調」を実際の音として発声することですが、具体的な音の違いについて例をもとに紹介するために「発音」の項目を用意しました。さっそく具体的な発音の違いを、見ていきましょう。

たとえば「香港」という漢字の北京語と広東語の発音の違いを、わかりやすくカタカナで表現してみます。

「香港」は北京語では「シアンガン」、広東語では「ヘォンコン」となります。日本語の読みである「ホンコン」は、広東語の発音からきているのですね。

他にも中国語の一般的なあいさつである「你好」は、北京語で「ニーハオ」、広東語で「ネイホウ」となるのです。

中国の方言による違い

最後に、北京語と広東語の他にある中国の方言をまとめて紹介します。中国では、方言の数が多い上にそれぞれ別の言語として成り立つほどの違いがあります。

ほぼ全員が標準語を使える日本では理解しにくいかもしれませんが、中国の国土の広さと人口の多さを見れば、全く特徴の異なる方言が共存している理由がわかってきます。

よく知られているように日本でも、たとえば東北と沖縄では特徴の異なる方言が使われていますね。日本よりもはるかに大きく人口も多い中国で、方言の違いが、もっと大きく複雑になるのは不思議ではありません。

ここで紹介する代表的な中国語の方言は、次の7つです。

  • 粤方言(えつほうげん)
  • 北方方言(ほっぽうほうげん)
  • 呉方言(ごほうげん)
  • 贛方言(かんほうげん)
  • 湘方言(しょうほうげん)
  • 閩方言(みんほうげん)
  • 客家方言(はっかほうげん)

粤方言(えつほうげん)

粤方言は、香港やマカオ、広東省などで使われている方言、つまり広東語です。

標準語との違いが明確であることから日本での方言にたとえると、琉球語から生まれた方言である沖縄弁に近い印象です。

北方方言(ほっぽうほうげん)

北方方言は、本記事で紹介した北京語です。中国で標準語として使われており、使用人口は9億人にのぼると言われています。

日本でニュースや新聞で使われている標準語と同じです。

呉方言(ごほうげん)

呉方言は江蘇省や浙江省などの揚子江下流地域で使われている方言で、代表的なものに上海語があります。使用人口は8千万人以上となっているようです。

上海語も北京語とかなりの違いがあり、言語として別れるほどです。上海では北京語も問題なく使えますが、北京語しかわからない人が上海語での会話に入ることはできません。

上海語を日本の方言で無理やりたとえるなら、使用人口の多さから関西弁といったところでしょう。

贛方言(かんほうげん)

江西省や湖南省、福建省などで使用されているのが贛方言です。漢民族の数%しか使っていません。

贛方言の代表的な言葉が、シナ・チベット語族です。

使用者が少なく、かなり独特な特徴を持っているため、日本の津軽弁がイメージとして近いかもしれません。

湘方言(しょうほうげん)

湘方言は、揚子江中央地域で使われる方言で、毛沢東の母語として有名です。

4千万人弱の人が使っています。代表的なのは、長沙語となります。

閩方言(みんほうげん)

福建省を中心に使われているのが、閩方言。使用人口は7千万人ほどと、比較的多くの人に使われています。

しかし方言として複雑で、同じ方言種であるにもかかわらず異なる地域で意思疎通がむずかしいケースがあるようです。

北関東の方言が、イメージにあうでしょう。

客家方言(はっかほうげん)

客家方言は、広東省の東部や福建省の西部で使われています。漢民族のなかの客家人が使用することで知られています。

客家人は現在、住居地がばらけているものの、方言内での違いはあまりなく同じ種類の方言同士で話が通じないということはありません。

ただ方言としては、衰退傾向にあるようです。

まとめ

北京語(普通話)と広東語は、言葉として区別ができるほどの違いがあります。北京語しか話せない方は、広東語を聞いても理解できません。

もし広東語を使いたいなら、北京語とは別の学習が必要になるでしょう。

広東語を習得する特別な動機がないうちは、中国語のほぼ全土で使える北京語の習得を優先するのがおすすめです。

執筆者

中国語学習に関する記事を作成、編集をしています。

コメント

コメントする

目次
閉じる