目的別!中国語学習アプリと今日から使えるスマホ学習術

「もっと効率よく中国語の勉強をすすめるために、中国語のスマホアプリを使ってみたい!どんなアプリがあるかな?」という、疑問にお答えする記事になっています。

今や、語学の勉強には欠かせなくなっているスマホアプリ。しかし、中国語を勉強できるアプリはあまり知られていませんよね。

本記事では、単語やピンイン、リスニングなどの学習目的別のおすすめスマホアプリを紹介します。また、知っていたら得する中国語学習に役立つスマホの使い方も合わせてみてきましょう!

目次

単語

ではさっそく、単語学習に便利なスマホアプリから確認していきましょう。ここで、紹介するのは、次の3つです。

  • 『HSK公認単語トレーニング(中国語検定)』
  • 『mikan 中国語』
  • 『中国語のToBiRa』

『HSK公認単語トレーニング(中国語検定)』

『HSK公認単語トレーニング(中国語検定)』はHSKという、中国政府公認の世界的な中国語検定試験の対策に特化した単語アプリです。HSK合格に必要な単語が、網羅的に収録されていて、その数なんと5,371語。単語とその訳、さらには例文までテキストと音声で確認できるようになっています。ピンインも、もちろん確認できるますよ。目と耳をフル活用して、刺激的な中国語単語の勉強ができるはずです。

また課金すれば、単語テストが受けられインプット後すぐにアウトプットができるので効果的です。ただし、6級に必要な単語は用意されていないので、ご注意ください。『HSK公認単語トレーニング(中国語検定)』を使って、HSKの合格を目指しましょう。

HSK公認単語トレーニング(中国語検定)のサイトへ

『mikan 中国語』

英語学習者の間で、根強い人気のあった『英語アプリ mikan』の中国語版としてリリースされたのが『mikan 中国語』です。中国語の入門レベルに必須の約1,000単語が学べます。単語は、分野別やレベル別に分類されていますよ。

さらに、学習進捗・単語習得状況を円グラフでわかりやすく把握することもできるでしょう。そのため、自分の苦手分野や学習ペースが正確に知れて、勉強の仕方の改善につなげられるはずです。

また本アプリの学習方法は、中国語の単語に対する日本語訳を4つの選択肢から選ぶテスト形式になっているので、ゲーム感覚でアウトプット重視の学習ができるでしょう。また単語には、ピンインも振られていますよ。

mikan 中国語をインストール(iPhone)

mikan 中国語をインストール(Android)

『中国語のToBiRa』

『中国語のToBiRa』は、中国語単語のみにテストアプリになっています。テストは、次の3種類に取り組めますよ。

  1. 日本語から中国語
  2. 中国語から日本語
  3. 音声から日本語

自分が訓練したいやり方に合わせて活用すれば、効率的な学習が期待できますね。特に音声から日本語にできるのは、リスニングやスピーキング力の向上につながるのでおすすめです。音声はネイティブのものなので、クオリティーの心配はありません。ミニテストであるため、アウトプット中心の学習になり、定着も早いでしょう。またミニテストなので、通勤・通学中やちょっとした移動中にも活用でますよ。音声だけなら、家事や運動中に聞き流して聞くのもおすすめです。

ピンイン

改めてピンインとは、中国語の単語の読み方を表すローマ字のことです。単語を覚えたり、発音を習得したり、リスニングでの理解をスムーズにしたりするのにとても重要です。ピンインも、アプリで効率的に学べますよ。ここで紹介するのは、次の3つです。

  • 『Chinese Converter 中国語ピンイン変換』
  • 『NHKゴガク 語学講座』の『声調確認くん』
  • 『 HSK Online—中国語能力試験最適』

『Chinese Converter 中国語ピンイン変換』

「この漢字のピンインがわからない!ピンインだけでも今すぐ知りたい!」という思いに答えてくれるのが、『Chinese Converter 中国語ピンイン変換』です。漢字を入力するだけで、その入力した漢字のピンインを瞬時に教えてくれます。お店でピンインのわからない商品を注文しなければならないときや、人との会話でピンインがわからなくなったときに、使いやすいアプリでしょう。

もし辞書で引くなら、わざわざページをめくって1単語ずつ調べなければなりませんよね。そのような手間が省けて、気軽にピンインを確認できる優れものです。

Chinese Converter 中国語ピンイン変換のサイトへ

『NHKゴガク 語学講座』の『声調確認くん』

NHKの中国語講座で、声調確認くんという、声調の正確性を診断してくれるコーナーがあることをご存知でしょうか。視聴者にも声調の練習ができるように作られたのが、『NHKゴガク 語学講座』の『声調確認くん』です。ちなみに声調とは、中国語単語のもつ抑揚のようなもので、ピンインとセットにして勉強します。

NHKの番組内に出てきたキーフレーズの声調・発音をいつでも確認できますよ。お手本の音声を聞いた後に、自分の声を録音して、お手本とのずれを確認し修正していきます。

声調確認くんのサイトへ

『 HSK Online—中国語能力試験最適』

『HSK Online—中国語能力試験最適』は、ピンインに特化したアプリではありませんが、中国語を総合的に学びながら、語彙のピンインを確認できます。本アプリで学べるのは、単語はもちろん、文法、リスニング、作文、HSKの過去問・模擬試験となっています。間違えた問題を、自動でピックアップしてくれるあり、復讐の効率が高いです。

また単語学習では、HSKの試験対策に必要な語彙が収録されていて、ピンインの確認も合わせてできます。HSKの対策のために、総合的な学習を進めながら単語のピンインを確認したい方におすすめです。

HSK Online—中国語能力試験最適のサイトへ

辞書

アプリ内に辞書を収録しておけば、すぐに引けて学習効率は格段に上がるはずです。ただし、スマホアプリの辞書を使うときに注意したいのが、間違った意味や使い方を掲載している辞書です。特に無料の辞書に、間違いが多くあるようです。間違いった意味や使い方で覚えてしまうと、混乱を招きかねないので、辞書は信頼のおけるものを使う必要があります。

ここで紹介する信頼のおける辞書は、次です。

  • 『中日・日中辞典(小学館)』
  • 『有道语文达人』
  • 『沪江小D词典—英日韩多语种免费查词助手』

『中日・日中辞典(小学館)』

『中日・日中辞典(小学館)』は、中国語の辞書の王道といえるほど知名度と人気があり、長く使われている辞書です。そのアプリ版が登場していますよ。価格は少々高いですが、使いやすさはや持ち運びやすさは、紙よりもバツグンでしょう。オフラインで、いつでもどこでも引けるのがいいですね。

また部分検索や用例検索、履歴の機能もあって何度でも確認できます。記憶の定着にも役立つ辞書です。

中日・日中辞典(小学館)のサイトへ

『有道语文达人』

中国語の学習が進んでいて、もっとレベルを上げたい方におすすめなのが、『有道语文达人』です。なぜなら、中中辞書だからです。中国語の意味を中国語で学べるため、よりネイティブに近い学習になるでしょう。

検索した単語が含まれる言葉も合わせて表示されるので、自分の知りたい言葉が見つかりやすいです。また用例は古典や小説などから抜粋されていて、学びが深くなることは間違いありません。

有道语文达人のサイトへ

『沪江小D词典—英日韩多语种免费查词助手』

『沪江小D词典—英日韩多语种免费查词助手』のおもしろい特徴が、日本語を中国語で説明していることです。もともとは、日本語を学習している中国人向けに作られたものになります。ただ、日本語の意味を中国語で説明する能力が鍛えられますし、どうしてもわからなければ中国人に辞書の検索結果を見せることもできますね。

沪江小D词典—英日韩多语种免费查词助手をインストール(iPhoneのみ)

リスニング

スマホアプリには、リスニングに使えるものがたくさんあります。ここでは、その中から厳選したものを3つ紹介します。

  • 『NHK語学プレーヤー』
  • 『Podcast Addict』
  • 『超・中国語耳ゲー<ピンインゲームで耳を鍛えよう>』

『NHK語学プレーヤー』

聞きたい中国語の音源を、聞きたい速度で再生できるアプリです。速めや遅めを自由自在にコントロールできるでしょう。聞きたいのが音源の一部なら、その部分を何度もリピートできますよ。

アプリを閉じても再生は止まりません。通勤・通学、家事、単純作業などをしながらのリスニングに、打ってつけのアプリとなっています。

NHK語学プレーヤーのサイトへ

『Podcast Addict』

『Podcast Addict』をインストールすれば、中国語学習に効果的なポッドキャストを聞けるようになりますよ。中国語のポッドキャストチャンネルは多岐に渡り、自分にあったものを探し出せれば効果的な学習ができるはずです。中国語でニュースを伝えてくれるものや、気軽に使えるフレーズを知れるものもあります。聞くことに特化したツールなので、リスニング力向上に打ってつけでしょう。

Podcast Addictをインストール(Androidのみ)

『超・中国語耳ゲー<ピンインゲームで耳を鍛えよう>』

『超・中国語耳ゲー<ピンインゲームで耳を鍛えよう>』は、発音を徹底的に鍛えて、リスニング力を向上させるためのアプリです。自分が発音できる単語や言葉は、難なく聞き取れるようになります。そのため、本アプリで発音を鍛えられれば、リスニング力も上がるのです、。。

何度でも音声を再生でき、ピンインのクイズもあります。反復練習で、発音を鍛えていきましょう。

超・中国語耳ゲー<ピンインゲームで耳を鍛えよう>のサイトへ

話し方、書き方

日本で中国語の学習を進めている方は、自分の話し方や書き方をネイティブにチェックしてもらう機会はもてないですよね。なんとかそのような機会を作ろうとして、挫折した方もいるかもしれません。そのような方におすすめなのが、次の3つのアプリです。

  • 『HiNative』
  • 『HelloChinese』
  • 『リアル中国語会話 〜きもちが伝わる、すぐに使える〜』

『HiNative』

『HiNative』は、ギブアンドテイクで、中国語ネイティブの人に日本語を教えることで、自分も中国語を教わることができるサービスになっています。

自分の音声データや作文を載せることができて、ネイティブスピーカーからフィードバックがもらえるのです。単純に単語の意味や、使い方を聞くだけでもいいでしょう。教わったら、相手のために自分から日本語を教えてあげてくださいね。

HiNativeのサイトへ

『HelloChinese』

発音やリスニング、文法や単語など中国語のいろいろな技能をゲーム感覚で鍛えられるのが『HelloChinese』です。

ネイティブスピーカの発音を聴けるだけでなく、自分から発音することでスピーキング力が向上していくでしょう。発音は、録音もできて自分でチェックできます。ゲームを楽しくクリアしていって、徐々にレベルアップしていきましょう。

HelloChineseのサイトへ

『リアル中国語会話 〜きもちが伝わる、すぐに使える〜』

『リアル中国語会話 〜きもちが伝わる、すぐに使える〜』は、実践的に使える中国語フレーズを学べます。

ビジネスシーンや日常会話、ショッピング、接客など多くのシーンに適した中国語フレーズを知れるのです。使える中国語はシーンごとに分類されているので、見つけやすいはずです。さらに、確認テストも付いていて、記憶の定着にも効果的でしょう。相手にきちんと自分の気持ちが伝えられるようになれる、おすすめのアプリです。

リアル中国語会話 〜きもちが伝わる、すぐに使える〜のサイトへ

中国語を習得するのにおすすめのスマホの使い方

最後に、中国語学習がはかどる、効果的な次の2つのスマホ活用術を紹介します。

  • Siriを発音練習に使う
  • ブラウザに『百度』をブックマークする

今日から使えるので、ぜひ試してみてください。

使い方①:Siriを発音練習に使う

iPhoneを使用しているなら、Siriが優れた発音練習の相手になります。Siriに話しかけると自分が話した内容が表示されます。その機能を中国語で活用するのです。

Siriの言語を中国語の標準語に設定して、そのまま中国語で話しかけます。すると、Siriは自分が何といったかを表示してくれますね。発音が正しければ正確な文章になって、発音が間違っていたら文章が成り立たなくあるはずです。

Siriは壁打ちのように発音を聞いてくれるので、Siriとの会話で発音練習すると早く正確な発音を身につけられます。

使い方②:ブラウザに『百度』をブックマークする

『百度』は、中国で最大手の検索エンジンです。『百度』をブックマークしておけばいつでも中国語で情報収集できます。日本語でも検索できるキーワードを、あえて中国語で検索することで、中国語の勉強をしながら自分の知りたいことを知れるという一石二鳥の効果が期待できますね。

また中国について興味のあることを検索してみるだけでも、モチベーションの維持につながるでしょう。

まとめ

ここまで中国語学習の効率をアップさせて、成長を加速させるためのアプリとスマホ活用術を紹介してきました。

スマホを持っている方であれば誰でも今日からすぐ始められます。

少しでも使ってみたいと感じたものがあれば、ぜひ使ってみてくださいね!

執筆者

中国語学習に関する記事を作成、編集をしています。

コメント

コメントする

目次
閉じる